イケアをオンラインで買うということ

北欧テイストと言われ、個性的な色遣いやデザインでありながら手頃な価格という理由で不動の人気とも言えるイケアですが、その実店舗は日本国内でも東京、港北、 神戸、 鶴浜、 新三郷、 福岡、新宮、 立川、 仙台、 熊本、の9店舗です。

公式には実際の物を見て購入してくださいというコメントの通り、通販は現在行われておりません。

そして周知のとおりイケアの家具がその比較的安価な価格を実現している理由にもなっている最大の特徴は、自分で持ち帰り、自分で組み立てることが大前提になっていることです。そのため店舗が近くにある、購入した家具を持ち帰るための車があるという条件がそろわないと購入できないのが現状です。

では条件はそろわないけれど、購入したいという人がどうしているかというと、通販代行をオンラインで利用しているわけです。通販代行は違法ではなく、2013年に大阪の代行業者との間で訴訟が起きた際も、争点はイケアのロゴを無断で使用している、またホームページが公式サイトにデザインを似せていることでした。

つまりイケアオンラインで代行で購入すること自体は問題にはなっていません。今や知らない人はいないというぐらいの認知度の高いイケアの家具を車がなくても買いたいと思う人がいるのは当たり前と言えます。

オンラインで購入できるということは双方にとってメリットになるのです。ちなみにイケアでは海外で既にオンライン販売を行っています。日本でのオンラインは2017年8月までに構築することが公式なコメントとして発表されています。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です